世代別貯金術とは!?なぜ貯金をしないといけないのか?

なぜ貯金をしないといけないのか
なぜ今、貯金をしておかないといけないのか!?今からでも是が非でも貯金をしなければならない理由を理解し、危機感を感じる記事になっています。

「自分でも、なんとなく世間の話を聞いていると先行きに不安がある感じがする。」「ニュースを見ていても、高齢者層の増加により、社会保険料が増加していることを考えても、日本の先行きは、これからもかなり厳しい感じがする。」「将来的に、今貯めておかないと、完全にお金が足りなくなるのはわかる気がする」「サラリーマンを定年後、何年かしたらお金が足りなくなってしまうのは目に見えている」

そんな意見があります。そんな方のために、若いうちからお金を貯金する技術を伝授するとともに、なぜ貯金をしないけないのか肌感覚で理解できるように説明していきましょう。

貯金をしなければならない5つの理由

1.若年層の減少による高齢者を負担できる数が激減してきたから

誰でも知っているように、日本は少子化により、お年寄り層の年金を支える若年層の数が圧倒的に少ないです。

このままでは、老後にもらえる年金も確実に減っていくことが予想されます。
仮に年金額は減らさないという政策が取られたとしても、今度は受給年齢がどんどん遅れていくことになるでしょう。

年金額を減らすか、年金受給年齢を遅らせるか、財源である絶対的な若年層からの収入が増えなければ、どちらかの選択肢しかありえません。
70歳、75歳とどんどんもらえる年齢が遅れれば、退職後の初期時期は、収入なしで迎えることになるので、やはり貯金は無くてはならないことがわかるでしょう。

2.少子化により公的年金の仕組みだけでは十分な収入が得られないから

上記1と重なりますが、年金額は現在より確実に減ることが予想されます。
自分の貯金額からの切り崩しの額が多くなりますので、やはり安定した生活を望むのなら、できるだけ多くの貯金額があると嬉しいですよね。

この状況は、政治的に例えば、年金の財源を消費税から持ってくる!などの抜本的な対策が取られない限り100%起こることです。

3.長生きする可能性が高まっているから

平均寿命が伸びていることから、退職後から死ぬまでの期間が非常に長くなっているので、当然その期間に比例して必要なお金が増えていきます。
長生きは嬉しいことですが、お金のことを考えると、長生きすること=リスクという考えも真剣に考慮しなければなりません。

4.超低金利によって銀行に預けているだけでは、お金は増えないから

日本の景気が良い時期は、銀行の長期金利が5%、6%とあったので、何もしなくてもお金が増えたものですが、現在は超低金利時代です。
金利で増やすことは、今後も難しいですから、やはりコツコツと毎月黒字化して、貯金していくことが必要です。

5.老後に必要な資金は年金だけでは足りなくなってきたから

年金だけでは、生活費を賄うことはほぼ無理です。
やはり、貯金ありきです。

貯金ができなかった場合の老後の世界を想像してみる

そうは言っても先の話だからとまだ真剣に貯金の重要性を考えられないあなた。
ここでは、さらに不安を煽る記事内容となります。

カードローンの借金からの債務整理

年金だけでは以上のことから、生活費は100%賄えません。
貯金の切り崩しもできず、生活費が足りなければ、一番安易な補充方法は、カードローンです。

一時的な借金と思っても、もはや年金から以外の収入のあてがなければ、自己破産の道が前方に広がっていくだけ得す。

カードローンの一番のデメリットは、なんといっても、借金が返済できないということです。
行きつく先は、自己破産。任意整理。という分野です。

借金返済がうまくいかないとわかったら、すぐにでも債務整理の専門家に相談することがなによりです。

今ある貯金を少しずつ切り崩し、毎日ギリギリの生活に四苦八苦

なんとか借金は回避したとしても、ギリギリの生活を強いられてしまいます。
孫誕生のお祝い、プレゼントなどおじいさん、おばあさんになったら生活へのお金だけ必要だというわけでもありません。

老後は、ゆっくり旅行などをしながら悠々自適に暮らしたいと思っても、それは、生活にゆとりがある夫婦だけ。
そうすると、せっかく会社を一生懸命勤め上げたのに、残りの人生を満喫することが期待できません。